« 下駄箱のミステリー | トップページ | 最低限の家事? »

2015年7月15日 (水)

母乳のネット販売

「新鮮な母乳」をうたった商品がインターネットで販売されているが、中身はにせもので、衛生的にも問題があるので買わないようにという注意勧告が、大阪府の食の安全安心メールマガジンで送られてきて驚いた。

問題の製品は、母乳とうたっているが、中身に使われている母乳はごく少量で、あとは水と粉ミルクを混ぜたものだったらしく、栄養分は母乳の半分程度。細菌量は最大で1000倍を超え、食品衛生法に抵触するおそれがあるという。

いろいろ調べてみると、発端は、今年、長男を出産した30代の母親が、1歳までは母乳で育てないといけないと聞き、自分の母乳の出が悪いので入手法を探していて、たまたまネットで広告を見つけて取り寄せたものらしい。50ミリリットルの冷凍パックで1パック5千円したという。この話をたまたま聞きつけた某新聞社が、問題の商品を検査機関に出して調べてもらったところ、にせものとわかったのだという。

消費者庁によると、母乳のネット販売している業者はほかにもあり、計6か所が同様の商品を販売しているという。厚労省も注意を呼び掛けているが、業者側は、「安全・安心」をうたっているという。

母乳のネット販売は、海外では以前から問題になっていたようで、ドイツの小児科学会では、母乳を提供している人が、薬物ヤアルコール依存症や肝炎、エイズなどにかかっている場合もあり、知らない人の母乳を飲ませるのは危険と警告を出しているという。

赤ちゃんを育てるのに、母乳が一番いいという〝母乳信仰〝が、21世紀の現代でも根強くあることに改めて驚いたが、それをネットで取り寄せるというところがいかにも現代的だ。

ネット販売による消費者被害は後を絶たないが、母乳が登場したのは初めてのケースであり、今年のトピックスになりそうだ。

|

« 下駄箱のミステリー | トップページ | 最低限の家事? »

コメント

この母乳を売っているのは、日本だけではなく、たしかイギリスでも売っているようです。アメリカもだったかな?

ボディービルダーが健康のために飲んだりするとか。サプリ感覚の人もいるようです。

母乳って体液ですから、危険ですよね。

投稿: 石井万寿美 | 2015年7月20日 (月) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母乳のネット販売:

« 下駄箱のミステリー | トップページ | 最低限の家事? »