« 今さら女性活躍推進法 | トップページ | おとなの文化祭  »

2015年9月 9日 (水)

はなちゃんと仲間たち

大阪府立文化情報センター時代の仲間たちが年に1回集まる「はなちゃんと仲間たちの会」が、今年も、以前の職場に近いホテルで開かれ、懐かしい面々が集まった。はなちゃんとは、8月7日生まれの私のこと。2009年春に大阪府立文化情報センターが廃止され、職場の仲間たちもばらばらになったのだが、年に1回、この季節に元の職場に近い谷町4丁目のホテルの中華料理店で〝同窓会〝が開催されるようになった。

iいつもだと、水曜日は関西消費者協会に出る日なので、夕方まで立売堀の事務所にいるのだが、今日は、たまたま午後3時から、大阪府の食の安全安心推進会議があったため、出勤日を明日に振り替えていたため、会議が終わった後、7時までの時間をどうつぶすかが問題だった。何か面白い展示をしていないかと、会議があった場所に近い大阪歴史博物館をのぞくと、たまたまきょうから、「海峡を渡る布」と題した染織品の特別展が開催されているのがわかり、閉館間際ぎりぎりに飛び込んだ。19世紀に東南アジア諸国で作られていた染織品のコレクションが多数紹介されていて、結構見ごたえがある展示でだったが、5時が閉館ということで、目的の時間つぶしにはあまりならず、仕方なく、天満橋界隈で本屋や雑貨の店などをのぞいて、時間をつぶすことにした。、

午後7時から始まった「はなちゃんと仲間たちの会」に、今年集まったのは計9人。例年より少し少なかったが、会えばたちまち、昔に戻り、にぎやかにしゃべり、かつ飲み三点の楽しい時間を過ごすことができた。新聞社を定年退職後、文化情報センターが廃止されるまでの計6年半を共に過ごした仲間たち。年に1回のこの集まりがいつまで続くのかわからないが、私毎年、このような機会をつくってくれることに心から感謝している。たまたま人生のある時期、同じ場所に居合わせて、乏しい予算の中、いろんな事業を自分たちの手で工夫しながら企画し、喜びを共にした仲間たち。その懐かしい職場である文化情報センターがが配しされてなくなるという事態に遭遇したことで、より一層、みんなの絆が強まった気がする。

今年は、ちょうどこの日に台風が近畿地方を直撃するかもしれないといわれていて、中止か延期になるのではと思っていたが、前日、幹事から「決行します」というメールが届き、その心意気に負けたのか、台風のコースも当初の予想と大きくずれて、大阪市内では夕方、雲の切れ目から太陽が顔をのぞかせていた。年に1回の逢瀬を楽しみにしているみんなの思いが、天に通じたのだろう。

|

« 今さら女性活躍推進法 | トップページ | おとなの文化祭  »

コメント

昨晩はお疲れさまでした。
当時は色々あったものの、これまでこの会が続いているもいうのも、田辺さんはじめ、みなさんの「思い」の強さでしょうね。今後ともずっと続けたいですね!

投稿: 壮年ラガー | 2015年9月10日 (木) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はなちゃんと仲間たち:

« 今さら女性活躍推進法 | トップページ | おとなの文化祭  »