« 犬の椎間板ヘルニア | トップページ | ネットのつながり »

2016年1月 8日 (金)

新しい年の始めに

松の内も終わり、今さらの感はありますが、皆さま、あけましておめでとうございます。

新年早々、北朝鮮の水爆実験疑惑や中国の経済不安からくる株価暴落など、暗いニュースが続いていますが、わが家のお正月は、大晦日から、息子と孫たちが泊りがけで来てくれて、にぎやかに、楽しく過ごすことができました。

息子の希望で、スターウォーズの映画も2世代そろって見に行きました。何でも、この映画の最初のシリーズが始まったとき、まだ小学生か中学生だった息子と一緒にこの映画を見に行った記憶がありますが、改めて、今回、見て、当時、映画に出てくるロボットなどが、今はもう夢ではなく、現実になっているんだなあと、改めて歳月の流れを実感した次第です。

私の仕事始めは、6日に関西消費者協会に出勤したのに続いて、7日は私が会長をつとめている奈良県男女共同参画県民会議の主催による川柳コンテストの最終審査のための部会があり、それに出席しました。来週も、11日が奈良県立大学の教員採用試験の面接の立ちあい、12日が読売新聞のOB会である大阪読売同人会の幹事会と新年会、13日が関西消費者協会、16日には、これも奈良県主催の「地域フーラム」のコーデッィネーターを頼まれているほか、頼まれている原稿の締め切りや、関西消費者協会の「50年史」の編集作業もあり、その合間に歯医者や美容院の予約も入っているし、健康保持のため、プールにも行かなければならず、今年も相変わらず忙しい年になりそうです。

でも、元気で仕事ができることは、ありがたいことだと思います。頼まれれば何でも引き受けるから忙しくなるのだと、夫からはいつも言われますが、私としては、私に頼んでくるというのは、それなりの理由があるのだろうから、引き受けられることなら引き受けてあげたいと思っています。そのことによって、この年になっても新しい出会いが生まれ、自分がこれまで知らなかった世界について勉強できるのは幸せなことだと思うからです。

そんなわけで、今は、「地域フォーラム」に向けて、地方行政の勉強をしています。このフォーラムは、奈良県の荒井知事が「奈良モデル」と名付けて、県が音頭取りをしながら、県内の市町村と連携・協働しながら、新しい地方創生のありかたを考えようという主旨で、昨年から始まり、16日には午前中が奈良市内で第3回、午後は宇陀市で第4回のフォーラムが開かれ、「健康・医療。介護」や[街づくり]の在り方について、地元の市町村の首長さんと、それぞれの専門分野の学者が意見交換をすることになっています。

全国的に見ても、奈良県の高齢化や過疎化は進んでおり、とくに南部では深刻です。

16日午後の宇陀市で開かれるフォーラムでは、宇陀市のほか、曽爾村、山添村、御杖村の現状が取り上げられますが、奈良県の住民である私でも、宇陀市に入る室生寺と、曽爾村、山添村に観光で行ったことがあるぐらいで、地元の詳しい実情についてはこれまであまり知りませんでした。でも、過疎化が進む中でも、暗い話題ばかりでなく、たとえば、曽爾村と吉野・十津川の3村が進めている「日本でもっとも美しい村連合」による観光等の連携など、夢のあるプロジェクトもあるようで、県民のひとりとして、地元のことにもっと関心を持たなければと反省させられました。

70代も、そろそろ半ばに差しかかり、腰やら眼やら歯やら、あちこち故障も出てきていますが、元気な間は、できるだけ外に出て、少しでも人の役にたつような活動を可能な限り続けていくことが、老化防止にもなるのかなと思っています。

2年前ぐらい前からフェイスブックを始めたため、ついつい写真付きで簡単に投稿できるフケイスブックの方が中心になってしまい、知人から、「最近、ブログの方はちっとも更新してないね」と指摘されたりしています。書くことは好きですし、じっくり書くことも大事かなと思うので、今年はこのブログの方も、しっかりと続けていこうと思っています。

ということで、皆さま、本年も、よろしくお願いいたします。

|

« 犬の椎間板ヘルニア | トップページ | ネットのつながり »

コメント

 新年早々、さすがにお忙しいですね。様々な分野で音田様が期待され必要とされている証であると納得しています。fbもこちらも楽しませていただいておりますので、今年もよろしくお願いいたします。

投稿: katsunari baba | 2016年1月 9日 (土) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい年の始めに:

« 犬の椎間板ヘルニア | トップページ | ネットのつながり »