« トシだからとは、もう言わない | トップページ | 帯状疱疹 »

2018年10月22日 (月)

第3の人生?

奈良県の人事委員を8年間つとめてきましたが、その任期この10月で終わり、先日、荒井知事から感謝状と記念品をいただきました。

定年後、大阪府立文化情報センターの所長として7年間務めた後で、頼まれて引き受けた公務でしたが、職員の給与や働き方に関する人事委員会勧告をはじめ、職員採用試験の最終面接や、県議会への出席など。結構時間的な拘束が多く、ほかにもいくつか公務と公益財団法人関西消費者協会の仕事を持ちながら、奈良と大阪を行き来する日々は、予想以上にあわただしく、何だかあっという間に過ぎた感じがします。

新聞社の定年日がお誕生日の8月7日で、文化情報センターの仕事が9月1日から始まったため、定年後はあれをしたい、これも…と考えていた夢が、何も実現しないまま、r非常勤勤務ながら、週5日のフルタイムの勤務が約7年間続き、センターの廃止で失職?した3月31日の翌4月1日から、関西消費者協会の副理事長を引き受け…、その後に奈良県の人事委員の仕事…と、何となく、切れ目のないまま、突っ走ってきた日々から、これでようやく解放された気がします。

先日、荒井知事から感謝状をいただいた折に、「これからどうされるのですか」と尋ねられ、一瞬うろたえました。定年後の人生を、第2の人生と呼ぶなら、さしづめ、これからが第3の人生。定年後にあれもしたい、これも…と考えていた夢を、今度こそ実現したいと、先日、読売大阪同人会の近況報告で書いたところですが、さて、この年齢から、一体何ができるのだろうと、改めて自分のトシを考えてしまいました。

幸い、今のところ、健康にはさほど問題はなく、まだまだ動き回ることはできるけれど、これといった趣味もなく、一体何をしたいのか、改めて自分に問いかけてみましたが、やはり、私が一番好きなことは原稿を書くことです。これまで書きたいと思いまがら、取材する時間がなく、あたためていた自分なりのテーマがいくつかあるので、それを、もう一度、追いかけてみようかと考えています。

どこまでできるのか、わからないですが、完成しなくてもとにかく、自分なりの取材を続けて、温めてきたテーマを追いかけて、原稿にしたいと思います。あと何年生きられるのかわかりませんが、とにかく、残された日々を、自分なりに充実して生きていければと考えています。しばらくご無沙汰していたこのブログで決意表明することで、退路を断つといえばおおげさですが、とにかく、一歩、前に進んでいきたいと思います。

|

« トシだからとは、もう言わない | トップページ | 帯状疱疹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第3の人生?:

« トシだからとは、もう言わない | トップページ | 帯状疱疹 »