« 2019年2月 | トップページ

2019年4月

2019年4月14日 (日)

女子学生へのメッセージ

今春、社会人になった娘さんを持つ知人の女性から、昨夕、母娘で話題になったという、東大の学部入学式での上野千鶴子さんの祝辞の全文がメールに添付して送られてきた。

上野さんが祝辞を述べたことは、テレビのニュースで知っていたが、詳しい内容まで知らなかったので、改めて目を通して、さすが、上野さん、よくぞ言ってくれたと、うれしくなった。

ありきたりの祝辞ではなく、昨年の東京医科大学の不正入試問題で発覚した、女子学生と浪人生の差別の話に始まり、それが全国の医科大学や医学部の入試でも、同じような傾向がみられること。文科省のコメントでも、「男子優位の学部、学科は他に見当たらず、理工系も文系も女史が優位な場合が多い」と述べていること。事実、各種のデータが、女子受験生の偏差値の方が男子の偏差値より高いことを示していると述べておられます。

でも、東大入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を超えられず、今年度はさらに下がっていた、付医学的には偏差値の世紀分布に男女差はないから、男子学生以上に優秀な女子学生が東大を受験しているのだが、この差は瀬尾籍の差ではなく、「息子は大学まで。娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果だと指摘されています。

さらに、東大には今でも東大女子が実質的に入れず他大学の女子のみに参加を認める男子サークルが、自分がいた半世紀前の時代から続いていることに驚いたことを述べ、「これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会で、偏差値競争にも男女差はないけれど、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっている。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しているし、東京大学もまた、残念ながらその例外ではない」と指摘されています。入学式の祝辞で、ここまで踏み込んだ勇気ある発言をされた上野さんに深い敬意を表するとともに、そんな上野さんを採用し、男女共同参画担当理事・副学長に据えた東京大学の懐の深さにも、改めて頭が下がりました。

祝辞では、さらに、「皆さんは、頑張れば報われると思ってここまで来たかもしれないが、社会はそうではない」こと、さらに、「あなたたちの頑張りを、どうか自分が勝ちぬくためだけに使わないでほしい。あなたたちの恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれない人々を貶めるためではなく、そういう人々を助けるために使ってほしいこと。そして、強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてほしいと注文をつけておられる。

知人の娘さんは、女子だけの学校から東京の私大へ進み、大手企業に入ってまだ半年余りだが、社会に出て、そうした差別があることを身をもって実感しているようで、上野さんのメッセージに大きく勇気づけられたようだ。知人は個人で営業している獣医師のため、これまであまりそうした差別を実感したことはないけれど、個人的に参加している勉強会などで、女性が少ないらしく、上野さんのメッセージになるほどなあと、共感する部分が多かったという。

私が大学にいたころに、ちょうど「女子大生亡国論」が話題になって、当時の女子学生たちは、おおいに憤慨したものだが、あれから半世紀以上たった今も、法律や制度の上での男女平等はかなり進んできたけれど、実際には根強い差別がまだまだあるのだなあと驚いた。上野さんのような影響力はないだろうが、働く女性の先輩として、私もまだまだ頑張って発言していかなければいけないなと改めて考えさせられた。

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

フェイスブックの不思議

フェイスブックを始めて、もう何年になるだろうか。職場の後輩がフランスに短期留学する間、現地からの報告をフェイスブックでするからと言われて始めたのがきっかけだが、アメリカに住んでいる姉やその親族とも、これがきっかけで新たなつながりが生まれ、英語で寄せられるコメントに返事をするのに四苦八苦するなど、想定外の苦労もあるが、時差を超えて、何物にも代えがたい魅力だ。

しかし、私ももう後期高齢者と呼ばれる歳で、姉はこの1月で90歳になった。住居が冬は雪が積もる寒い地方にあるとかで、このところ、毎年の意ように、冬に間はクルーズで世界各地を回っており、珍しい景色や船上での楽しいイベント等の写真入りのたよりが、今年も毎日のように届いていた。私の友人たちとも、フェイスブックでつながって、お互いの投稿にコメントしあうこともあり、ネットの面白さを味わってはいるが、もし、病気になったり、万一死んだりしたら、この投稿の記録はどうなるのだろうと、ふと考えた。

偶々、私が元いた職場の同人会会報の原稿を見ていたら、その中に2年前からフェィスブックを始めた人の話が載っていたのだが、その人が始めたきっかけが、同じ職場のほかの部署の先輩が投稿しているページに出会ったのがきっかけだったようだ。2012年2月から始まり、20013年9月で終っている最後の投稿は「余命1-2ヶ月と宣告された」と記されていたという、その日ニアップされていた自分の写真が、結果として遺影になったようだと記されていた。そうか、その人が亡くなっても、ページは残るのかと思うと、ちょっと複雑な気持ちがした。

この広い世界の中に、こうした幽霊ページがたくさん浮遊しているのだろうか。自分の意思でそれまでの記録をすべて消去することはできそうな気がするが、消去できないままにあの世に行った場合、フェィスブックの記録はどうなるのだろうか。もともと、こうしたコンピュータの世界に詳しいわけではなく、このブログやフェィスブックを立ち上げる時も、親しい知人に頼んで立ち上げてもらったのだが、自分がmっと年をとって、頭がぼけたり、突然の病気で倒れたりしたときのことを考えておかねばならないなと思う。

でも、考えてみれば、このブログも同じことだ。最近は、簡単に写真入りで投稿できるフェイスブックの方に専ら投稿していて、こちらはさぼり気味だが、後世まで残るページだと思うと、何だか書くのがこわくなる。などと云いつつ、久しぶりのブログにこんな悩みを投稿しました。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ